双子の育児相談室 妊娠から子育ての悩みまで

双子の子育ての悩みを解消できるお役立ち情報

出産後の肌荒れを何とかする 産後ダイエットで痩せる シングルマザーの助成金

双子の子育てってどんな感じ?

双子の子育ては、一言でいってとっても大変です。出産時も早産や低出生体重児になることが多いので、普通の新生児よりも注意が必要です。授乳も2人分ですし、泣くのも、おむつ代えも2倍。ただでさえ眠れない新米ママだと、睡眠不足でダウンしてしまいます。

1歳くらいから外出が増えると、その準備が大変。荷物の量もどうしても多くなって持ち運ぶのも苦労します。行動範囲が増えると、その分危険も多くなります。「双子の方が事故が多い」というデータもあり、お母さんの責任や心労も増えます。

体重が増加すると抱っこも重労働になっていきますし、ダブルで泣かれて疲弊しきっているお母さんも多いです。「双子の子育ては二倍ではなく二乗たいへん」という体験談もあるほどです。

ベビー服にはじまってなんでも2つずつ必要なので、経済面でも苦労します。兄弟間のお下がりが効かないのもきついですね。受験・進学時期が同時というのも相当へビーです。

メリットとしては、二人が並んでいるだけでかわいいので注目度が高く、たくさんの方に声をかけられたり、目をかけられたりしやすいです。覚えてもらいやすいというのは安全面でも大切なことといえますね。また、ある程度の年齢からは、双子ならではの兄弟姉妹関係で支え合うので、孤独やいじめとはあまり縁がないかもしれません。同学年に兄弟がいるのは、本人たちにとっては非常に心強いものとなります。

子育てはたいへんですが、子供たちは幸せに育っていくことでしょう。双子のママ同士で励まし合って、双子ならではの貴重な子育てを楽しんで下さい。双子コミュニティなどもあるので、参加するのもいいですね。

ページの先頭にもどる

双子の子育ての悩みを解消できるお役立ち情報

出産後の肌荒れを何とかする 産後ダイエットで痩せる 産後の便秘を治す方法

ウォーターサーバーの収納、設置

ウォーターサーバーを利用するにあたって、「便利に、美味しい水がすぐ飲める」と契約したは良いものの、設置場所を考えていなくて困った、というケースは少なくありません。美味しく安全な水をすぐにでも利用したいとウォーターサーバーを契約したのに、届いてすぐに設置できなければ本末転倒ではないでしょうか。

もちろん機能面や水の質を基準にウォーターサーバーを選ぶのは大切ですが、まずは部屋の中でどんな場所に、どのくらいのスペースを確保できるかチェックしてみましょう。ガロンボトルから水をくみ出すリターナブルタイプなどのウォーターサーバーでは、ウォーターサーバー本体の設置場所だけでなく、空になったボトルを収納する場所も必要になってきます。ひとつのボトルの容量は10リットル以上になります。一度に複数のボトルを注文するようなコースを選択すると、このボトルの収納スペースもウォーターサーバー本体とは別に考慮しなければいけないでしょう。

とはいえ、住宅事情の厳しい都市部の集合住宅では、なかなか設置場所や収納スペースを確保するのは難しいものです。ほとんどのウォーターサーバーはコンセントからいつも電源を確保して、常時作動させておかなければいけないので、本体の近くに電源があるところで、転倒の危険性が少ないスペースを設置場所にします。そうした条件から設置場所が限られてしまうので、設置スペースが確保できない場合は、卓上タイプや市販のペットボトル飲用水を直接セットするタイプなど、ウォーターサーバーの機種選びを見直すようにしましょう。